神戸百景

川西英と川西祐三郎

神戸百景は、川西英・祐三郎の版画に関する企画・プロデュースを行っています

  版画家 川西 英・祐三郎の軌跡


川西 英は、1894年に兵庫県神戸市兵庫区東出町に生まれ、郵便局長を務めながら神戸を代表する版画家となりました。


代表作の1つ『神戸百景』は、戦前と戦後でそれぞれ100作品の連作として手がけ、戦前は、1933~36年に木版画の『神戸百景』を発表。戦後は、変わりゆく神戸の風景を描いた画集『神戸百景』として1962年に発行されました。


また川西 英の三男、祐三郎も父親に師事し版画家となりました。自身の作風確立を模索しつづけ、兵庫県文化賞、神戸市文化賞受賞など数多くの賞を受賞しています。


親子2代で神戸を愛し、作家として神戸の風景を表現した英と祐三郎。


私どもは、家族でもあり先人の川西英・祐三郎の版画絵で社会のお役に立てるのではないかと考え、神戸の百の魅力を発信・企画する「神戸百景」サイトを立ち上げました。


街の色と文化の継承、人の表現力と可能性を祈念しこの活動を通し社会貢献して参ります。


今後も川西の作品をご愛顧いただくと共に末長いお付き合いの程宜しくお願い致します。


神戸百景 代表 川西 和代 


※「神戸百景」は登録商標です  

新着情報

BBプラザ美術館


講演会

「<小磯・田村・川西>vs<上前・堀尾・榎忠>--神戸の美術とBBプラザ美術館 」

神戸市立博物館

「生誕130年記念 川西英の木版画

   ーあの頃の神戸歳時記ー」

第8回横浜トリエンナーレ


横浜美術館で川西英の作品「画家の庭」を展示

お気軽にお問合せください

〒650-0002

兵庫県神戸市中央区北野町1丁目1番地

ANAクラウンプラザホテル神戸4階 plug078内 

Instagram